本文へスキップ

内閣総理大臣認定

  KCCN

健康食品関連

健康食品関連ー申し入れ・差止請求                 戻る



取組の内容

 お試し・定期購入に関する問題
    BRONX、ラッシャーマン、ART OF LIFE

 水素水商品に関する問題
    マハロ、アビストH&F、トラストネットワーク、伊藤園、健康家族
    メロディアンハーモニーファイン

 チラシの勧誘に関する問題
    サン・クロレラ販売



株式会社ラッシャーマン       お知らせ

2017年11月28日
ウェブサイト上の商品表示について、有利誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
株式会社ラッシャーマンからの回答はありましたが、不十分な回答でした。
2017年12月15日
京都地方裁判所に差止請求訴訟を提起しました。
(株式会社ラッシャーマンからの回答はありましたが、不十分な回答であったため訴訟提起しました。)
訴状



株式会社ART OF LIFE       お知らせ

2017年11月28日
ウェブサイト上の商品表示について、有利誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
株式会社ART OF LIFEからの回答はありましたが、不十分な回答でした。

2017年12月15日
京都地方裁判所に差止請求訴訟を提起しました。
(株式会社ART OF LIFEからの回答はありましたが、不十分な回答であったため訴訟提起しました。)
訴状

2018年3月20日
和解しました。(勝訴的和解です。)
声明文と和解の内容



合同会社BRONX       お知らせ

2016年12月26日
ウェブサイト上の商品表示について、有利誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書

2017年1月11日
京都地方裁判所に差止請求訴訟を提起しました。
訴状

ネット通販でのお試価格表示差止請求訴訟の概要

2017年6月2日
和解しました。(勝訴的和解です。)
声明文と和解の内容


株式会社メロディアンハーモニーファイン       お知らせ

2017年11月28日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
評価:改善されました。


株式会社健康家族       お知らせ

2017年11月28日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答ありました。
評価:改善されました。



株式会社伊藤園       お知らせ

2017年8月25日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
評価:改善されました。


トラストネットワーク株式会社       お知らせ

2017年8月24日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
評価:改善されました。

株式会社アビストH&F       お知らせ

2017年7月24日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
2017年8月24日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
2017年11月28日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
評価:改善されました。



株式会社マハロ       お知らせ

2017年6月15日
ウェブサイト上の商品表示について、優良誤認となる表示を止めるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
回答がありました。
評価:改善されました。



サン・クロレラ販売株式会社       お知らせ

2013年10月11日
日刊新聞紙に折り込んだチラシ配布をやめるよう差止請求書を送付しました。
差止請求書
サン・クロレラ販売株式会社の受任通知書(2013年10月23日)
サン・クロレラ販売株式会社の回答書(2013年10月30日)
2014年1月17日
京都地方裁判所に差止請求訴訟を提起しました。
訴状
訴状添付別紙

声明文

2015年1月21日 京都地裁判決
判決ー全面勝訴しました。

控訴審

2015年1月23日に相手方であるサン・クロレラ販売株式会社に控訴されました。

2016年2月25日 大阪高裁判決
判決ー不当判決でした。
上告受理申立しました。 2016年3月2日

2017年1月24日
判決ー判決文は下記の最高裁判所のHPからご覧になれます。

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86454

当団体からのコメント
消費者の権利を擁護するという消費者契約法の趣旨に沿った、非常に画期的な判決です。最高裁判所が果たすべき役割を果たしたといえます。消費者庁の逐条解説では、チラシは勧誘に含まれないと明言していましたが、これを明確に否定したことは大きな意味があります。この最高裁判決からすれば、インターネット広告も「勧誘」に含まれるといえ、消費者契約法の適用範囲に与える影響は極めて大きいといえます。

  

サントリー株式会社       お知らせ

2005年12月6日
違法な食品添加物が入った健康食品の購入者に対する対応に対する申し入れを協同でしました。
申入書
サントリー株式会社の回答書(2005年12月20日)


店舗写真

information

京都消費者契約ネットワーク(KCCN)

〒604-0847
京都市中京区烏丸二条下ル
秋野々町529番地
ヒロセビル4階
TEL.075-211-5920
FAX.075-746-5207