本文へスキップ

内閣総理大臣認定

  KCCN

事例集

事例2                       戻る

 物干し竿の価格変身

軽トラックから拡声器で「竿竹1本2000円、古い竿を回収します」という声が聞こえてきた。新しい物干し竿がほしいと思っていたのと、不要な竿を回収してくれるなら買いたいと思って車を呼び止めた。「3本欲しい」と言うと「この中から選べ」と言われ3本選んだ。業者は「寸法を合わせて切りそろえてあげる」というので切ってもらうと、6万円請求された。「1本2000円と聞いた。話が違うから要らない」と断ると「あなたが選んだのは1本2万円だ。寸法に合わせ切ってしまったから買ってもらわないと困る」とすごまれ「そんな大金は無い」と大声を出したら家から息子が出てきて、業者に「1本2000円と拡声器で言っていたのを私も聞いていた。納得できないから払えない」と交渉した。業者は「1万5000円でよい」と言うので支払った。

このケースでは親子2人が「1本2000円と聞いた」と若い息子ががんばって10倍の支払いは免れたものの、それでも高いものを買わされています。
 竹竿は店で購入して持ち帰りが困難なことと、使い古した竿の始末が必要なことから、中高齢者の被害が多く見られます。
 1本2000円と表示したものを2000円で購入した場合は自ら呼び止めての購入であり、特定商取引法のクーリング・オフの適用はありませんが、10倍の価格の違う商品を販売した時点で特定商取引法のアポイントメントセールスにあたると考えられます。クーリング・オフによる解除ができます。しかし領収書をわたさず急いでその場を去っていくので、業者に連絡がつかず被害回復ができません。領収書をわたされていても、業者の住所、電話番号などの記載がないなど書面不備がほとんどです。そのため、実際にクーリング・オフが実行できないこともあります。
 最近では伸縮できて持ち運び可能な商品が1500円から5000円くらいで販売されています。平成19年9月7日大阪府警が「イチキュッパ」といって1980円と思い込ませて10倍の1万9800円を脅して請求した業者を特定商取引法の「契約時の威迫」で逮捕しています。

                    クーリング・オフ                 

店舗写真

information

京都消費者契約ネットワーク(KCCN)

〒604-0847
京都市中京区烏丸二条下ル
秋野々町529番地
ヒロセビル4階
TEL.075-211-5920
FAX.075-746-5207