内閣総理大臣認定
本文へスキップ



(KCCN)

私たちは、消費者団体訴訟制度の担い手として京都で消費者契約に関する問題に取り組む消費者、消費者団体、消費生活専門相談員、学者、司法書士、弁護士らで構成するNPO法人であり、内閣総理大臣が認定した適格消費者団体です。

新着情報 

2014年6月
京都消費者消費者契約ネットワークのマークを作成しました。
消費者被害情報提供について
消費者の皆様からの当団体への被害情報提供ですが、メール及び電話、FAXにて受け付けをさせて頂いております。ご理解を頂けますよう、よろしくお願い致します。
訪問販売お断りステッカーとリーフレット
KCCNでは、「訪問販売お断りステッカー」と「リーフレット」を作成しました。
2017年5月
京都消費者消費者契ネットワークのパンフレットを新しく作成しました。
事務局業務の臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら、2017年10月20日(金)は臨時休業にさせて頂きます。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。
   講座を開催します。
「もう、泣き寝入りしない!消費者のための制度を知ろう」
〜消費者被害救済・予防制度の解説講座〜

●福知山市会場 2017年12月6日(水) 午後1時30分〜3時30分
●京都市会場  2018年2月17日(土) 午後1時30分〜3時30分
※詳しくは、チラシをご覧ください。
2017年10月2日
KCCNニュース42号を掲載しました。
2017年8月30日
2017年10月3日「2017年度京都消費者問題セミナー」を開催します。
2017年6月2日
2017年1月11日に、合同会社BRONXに対して差止請求訴訟を提起していましたが、2017年6月2日に和解しました。(勝訴的和解です。)
2017年4月28日
地方消費者行政の一層の充実・強化を求める意見書を送付しました。
2017年2月22日 
消費者契約法9条1号の改正を求める意見書を送付しました。
2017年1月24日
サン・クロレラ販売株式会社に対する差止請求訴訟の最高裁判所の判決がありました。
当団体からのコメントです。

消費者の権利を擁護するという消費者契約法の趣旨に沿った、非常に画期的な判決です。最高裁判所が果たすべき役割を果たしたといえます。消費者庁の逐条解説では、チラシは勧誘に含まれないと明言していましたが、これを明確に否定したことは大きな意味があります。この最高裁判決からすれば、インターネット広告も「勧誘」に含まれるといえ、消費者契約法の適用範囲に与える影響は極めて大きいといえます。
2017年1月11日
合同会社BRONXに対して差止請求訴訟を提起しました。
2017年1月6日 
京都府消費者教育推進計画(中間案)に対する意見書を送付しました。
2016年12月9日
株式会社KCN京都に対する解約料条項使用差止請求訴訟に対する京都地方裁判所の判決がありました。
全面勝訴でした。
2015年11月19日
株式会社セレマと株式会社らくらくクラブに対して冠婚葬祭互助会を解約した個別消費者に対して解約金を返金すべきとの申し入れをしましたが、これを拒否するとの回答が届きました。


店舗写真

information

京都消費者契約ネットワーク(KCCN)

〒604-0847
京都市中京区烏丸二条下ル
秋野々町529番地
ヒロセビル4階
TEL.075-211-5920
FAX.075-746-5207